第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問332

第100回薬剤師国家試験 問332

6歳女児。高熱とひどい咳のため受診し、マイコプラズマ肺炎と診断され、以下の薬剤が処方された。

服用開始3日目に、オレンジジュースに混ぜて服用させたところ、子供が苦くて飲めないと連絡があった。苦みが増したのはオレンジジュースのどのような要因によるものか。1つ選べ。

 酸性
 アルカリ性
3 フラボノイドを含有
 カリウムを含有
 ナトリウムを含有

 

 

 

 

解答・解説

解答
1


解説
クラリスロマイシンシロップ用10%の主薬であるクラリスロマイシンは苦味を有する。そのため、本剤には、クラリスロマイシンの苦みを軽減するためにコーティングが施されている。本剤に施されているコーティングは酸性条件下で溶解するため、酸性を示す液体(オレンジジュース、スポーツドリンク、乳酸菌飲料など)を混合すると、苦味が出現する。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.