第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問331

第100回薬剤師国家試験 問331

院内の安全対策研修会で、下記の事例をもとに医療事故の対応を多職種で議論した。
事例
60歳女性。関節リウマチの診断で今回より初めてメトトレキサートカプセル2 mg 3カプセルが4週間分処方された。本来、週1回服用のところ、連日服用で28日分調剤された。服用開始18日目に倦怠感、食欲不振、歯肉出血が出現したため自己判断で服用を中止した。その3日後に外来受診し、検査の結果、口腔粘膜障害、胃腸障害、肝機能障害、骨髄抑制が認められたため緊急入院となった。
議論の中で、この患者への処置について薬剤師が意見を求められた。この薬剤の特徴から考えて効果的なのはどれか。2つ選べ。

 ホリナートカルシウムの投与
 ビタミンK製剤の投与
 薬用炭の投与
 炭酸水素ナトリウム注射薬の投与

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4


解説
本症例では、メトトレキサート週1回服用するところ、18日間連続服用していることに加え、メトトレキサートの中毒症状(倦怠感、食欲不振、歯肉出血)が出現していることから、メトトレキサートの中毒症状に対する処置を講じる必要がある。
<メトトレキサートの中毒症状に対する処置>
・メトトレキサートの毒性を軽減するためにホリナートナトリウムを投与する
・メトトレキサートの排泄を促進するために水分補給を行う
・メトトレキサートの排泄を促進するために炭酸水素ナトリウム注射薬を投与し尿のアルカリ化を行う

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.