第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問320〜321

第100回薬剤師国家試験 問320〜321

咳込み状態が改善しないため医療機関を受診した患者が、以下の処方せんを持って保険薬局に来局した。その際、後発医薬品変更について教えてほしいと説明を求められた。ただし、処方1〜3は先発医薬品、処方5は後発医薬品名である。

問320 (実務)
後発医薬品への変更についての記述のうち、適切でないのはどれか。1つ選べ。

 処方1について、後発医薬品に変更できないのでこのまま調剤する。
 処方2について、後発医薬品の説明を行ったうえで患者が希望した場合は、後発医薬品を調剤する。
 処方3について、後発医薬品の説明をするが、患者が先発医薬品を希望する場合はそのまま調剤する。
 処方4について、一般名処方なので先発医薬品で調剤する。
 処方5について、在庫がないので、患者の了解が得られれば、医師に確認しないで同一金額以下で、同一成分の別銘柄の後発医薬品を調剤する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
1 適切
処方1については、「変更不可」の欄にチェックが付いていることに加え、「保険医署名」の欄に処方医の署名があるため、後発医薬品には変更できない。
2 適切
処方2については、「変更不可」の欄にチェックがないため、患者に対して後発医薬品について説明を行ったうえで、患者が後発医薬品を希望した場合、後発医薬品を調剤することが可能である。
3 適切
処方3については、「変更不可」の欄にチェックがないため、患者に対して後発医薬品について説明を行ったうえで、患者が先発医薬品を希望した場合、そのまま調剤する。
4 不適切
処方4については、一般名で処方されているため、先発医薬品又は後発医薬品を調剤することが可能である。
5 適切
処方5については、「変更不可」の欄にチェックがないため、患者の了解が得られれば、医師に確認しないで同一金額以下で、同一成分の別銘柄の後発医薬品を調剤することが可能である。


問321 (法規・制度・倫理)
この患者は、後発医薬品への切り替えを希望した。当該患者への後発医薬品に関する説明のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 後発医薬品は、先発医薬品の再評価が終了した後に市場で提供されます。
 後発医薬品は、先発医薬品と同等の臨床効果、作用が得られる医薬品です。
 後発医薬品は、先発医薬品と比べて多くの場合、価格が安くなります。
 後発医薬品に含まれる添加剤は、どれも先発医薬品と同一です。
 日本は欧米諸国に比べて、後発医薬品の使用割合が高い状況です。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3


解説
1 誤
後発医薬品は、先発医薬品の再審査期間及び特許期間が終了した後に販売される。
2 正
後発医薬品には先発医薬品と同一の成分が同一量含まれていることから、後発医薬品は先発医薬品と同等の臨床効果、作用が期待される。
3 正
後発医薬品の価格(薬価)は、一般に先発医薬品よりも安くなるように設定されている。
4 誤
後発医薬品に含まれている添加剤は、先発医薬品と異なることがある。
5 誤
日本における後発医薬品の使用割合は、アメリカ、ドイツなどの欧米諸国に比べ、低い状況である。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.