第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問290〜291

第100回薬剤師国家試験 問290〜291

74歳女性。糖尿病を患っており、在宅での治療のためインスリン製剤の自己注射を行っていた。本日、患者より投薬を受けている薬局に電話があり、「昨日から下痢が続き、食事が普段の半分くらいしか摂れないため、主治医に連絡したが、休診で連絡が取れないので、生活面でどのようにしたらよいか。」との質問があった。

問290 (病態・薬物治療)
質問を受けた時点で、薬剤師が患者に確認するべき事項として優先度の高いものはどれか。1つ選べ。

 前回外来受診時の尿タンパク量
 前回外来受診時の血糖値
 前回外来受診時のHbA1c値
 直近の血糖自己測定値
 肥満度

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説
本患者は、下痢が続き、食事が十分に摂れない場合の対応について薬剤師に質問している。本症例のような場合には、薬剤師はシックデイにおける対応を心掛ける必要がある。シックデイでは、血糖値が乱れやすくインスリン作用不足による高血糖や、食事摂取不十分による低血糖など様々な状態が引き起こされる可能性があるため、まずは直近の血糖自己測定値を確認することによって、今後の対応を検討する必要がある。


問291 (実務)
薬剤師は、患者宅を訪問して対応することとした。患者の質問に対する現状での回答内容として、適切なのはどれか。2つ選べ。

 食事が摂れなくてもインスリン製剤の使用は続ける。
 下痢をしていない時の食事内容を続ける。
 野菜スープなどミネラル分を含むものを中心に水分摂取を心掛ける。
 炭水化物の摂取は、下痢をしていない時の食事よりも少なくする。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3


解説
1 正
インスリン製剤の使用を中止すると、ケトアシドーシスなどの重篤な合併症を引き起こす恐れがあるため、食事が充分に摂取できていない場合においてもインスリン製剤の使用を中止してはならない。食事が充分に摂取できていない場合には、血糖値を測定し単位数を加減しながらインスリン製剤の使用を続ける必要がある。
2 誤
本症例の内容より、本患者は消化管の機能が低下しており、普段の食事内容を継続するのは困難であると考えられる。普段の食事内容を継続することが困難な場合には、消化のよい炭水化物を多く摂取することに加え、下痢時に起こりやすい脱水症状などを考慮して、野菜スープなどミネラル分を多く含むものを中心に、水分摂取をしっかりするように心掛ける必要がある。
3 正
解説2参照
4 誤
解説2参照

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.