第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問284〜285

第100回薬剤師国家試験 問284〜285

70歳男性。1年ほど前から夜間頻尿、残尿感を認めていたので、近くの泌尿器科を受診した。前立腺肥大症と診断され、以下の薬剤が処方された。

問284 (実務)
この患者への指導の内容として、正しいのはどれか。2つ選べ。

 この薬は、肥大した前立腺を直接的に縮小させ症状を改善すると説明した。
 この薬は、効果が現れるまでに通常数ヶ月間かかることを説明した。
 この薬で、めまい、立ちくらみが現れることがあるので自動車の運転に注意するように指導した。
 この薬は、口腔内崩壊錠であるが、噛み砕かずに服用するように説明した。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、4


解説
1 誤
本剤は、肥大した前立腺を直接的に縮小させ症状を改善させる作用を有しない。なお、本剤は、前立腺や尿道のアドレナリンα1A受容体を選択的に遮断し、前立腺平滑筋を弛緩させ、尿道内圧を低下させることにより排尿障害を改善させる。
2 誤
本剤は、服用後数日で効果が現れる。
3 正
本剤は、アドレナリンα受容体遮断作用を有するため、血圧降下によるめまい、立ちくらみを生じる恐れがある。そのため、本剤服用中は、めまい、立ちくらみが現れることがあるので自動車の運転に注意する必要がある。
4 正
本剤は、徐放性顆粒を含有している口腔内崩壊錠であることから、服用する際には噛み砕かないように注意する必要がある。


問285 (薬剤)
処方された口腔内崩壊錠に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 錠剤表面が、水不溶性高分子でコーティングされている。
 錠剤表面が、腸溶性高分子でコーティングされている。
 口腔粘膜からの薬物吸収を期待した製剤である。
 滑沢剤として、ステアリン酸塩が添加されている。
 水に溶け易い糖類が、添加されている。

 

 

 

 

解答・解説

解答
4、5


解説
1 誤
本剤は、コア粒子を核として薬物層、徐放性被膜、腸溶性被膜の3層でコーティングされた顆粒が含有されている口腔内崩壊錠である。よって、本剤は錠剤表面をコーティングしたものではない。
2 誤
解説1参照
3 誤
本剤は口腔内崩壊錠であり、口腔粘膜からの吸収を期待した製剤ではなく、消化管からの吸収を期待した製剤である。
4 正
本剤には滑沢剤としてステアリン酸カルシウムが添加されている。
5 正
本剤には賦形剤として水に溶解しやすい乳糖水和物が添加されている。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.