第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問216〜217

第100回薬剤師国家試験 問216〜217

20歳女性。体重40 kg。劇症肝炎のため、兄を臓器提供者とした生体部分肝移植を受けた。タクロリムス水和物カプセル1 mg 1回2カプセル(1日4日カプセル)1日2回 朝夕食後投与にて維持療法を行っていたが、下記の処方が追加になった。

問216 (実務)
本患者の薬物療法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 悪性腫瘍の発生に注意する。
 高血糖症状の副作用発現に注意する。
 免疫低下による感染の防止のため、乾燥弱毒生風しんワクチンを摂取する。
 ミコフェノール酸モフェチルは、タクロリムス水和物の副作用を軽減する目的で使用する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2


解説
1 正
タクロリムス水和物及びミコフェノール酸モフェチルは免疫抑制作用を有するため、両剤を併用すると、過度の免疫抑制により悪性リンパ腫及び他の悪性腫瘍が発生する可能性がある。
2 正
タクロリムス水和物は重大な副作用として高血糖が起こすことがある。
3 誤
免疫抑制薬(タクロリムス水和物、ミコフェノール酸モフェチルなど)と乾燥弱毒生風しんワクチン(生ワクチン)を併用すると、風しんを発症する可能性が増加するため、免疫抑制薬と乾燥弱毒生風しんワクチンは併用禁忌である。
4 誤
ミコフェノール酸モフェチルは、本患者の肝移植後の拒絶反応を抑制する目的で用いられている。


問217 (物理・化学・生物)
移植臓器に対する拒絶反応及びその制御に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 臓器提供者(ドナー)と受容者(レシピエント)が親子であれば、一般に拒絶反応は起こらない。
 ドナーとレシピエントのヒト白血球抗原(HLA)の不適合は、拒絶反応の要因となる。
 移植された臓器が、レシピエントの免疫反応により傷害される反応を移植片対宿主反応(graft-versus-host reaction, GVHR)という。
 移植後、数日から数週間で起こる急性拒絶反応に、T細胞は関与しない。
 タクロリムスは、細胞内の特定のタンパク質と複合体を形成し、転写因子の活性化に関わるホスファターゼを阻害する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5


解説
1 誤
移植臓器に対する拒絶反応は、ヒトの白血球抗原(HLA)の不一致が原因となる。親子間でも、HLAが適合することがほとんどないため、拒絶反応が起こる可能性が高い。
2 正
前記参照
3 誤
移植された臓器が、レシピエントの免疫反応により傷害される反応を宿主対移植片反応(host−versus−graft−reaction,HVGR)という。なお、移植片対宿主反応(graft-versus-host reaction, GVHR)とは、移植された臓器により、レシピエントの臓器が傷害させる反応のことである。
4 誤
移植後、数日から数週間で起こる拒絶反応(急性拒絶反応)に、T細胞が中心となる細胞性免疫が関与している。
5 正
タクロリムスは、イムノフィリンと複合体を形成し、カルシニューリン(カルシウム依存性ホスファターゼ)を阻害することにより、IL−2産生を抑制する。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.