第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問210〜211

第100回薬剤師国家試験 問210〜211

74歳女性。大腸がんを原発とし転移性肺がんとなった。病棟薬剤師1名が常駐する緩和ケア病棟に入院となり、下記の薬剤が処方された。

問210 (実務)
服用3日後、この患者は亡くなり、病棟から上記の薬剤が担当薬剤師に返却となった。担当薬剤師の麻薬の廃棄への対応として適切なのはどれか。2つ選べ。

 返却された麻薬は、麻薬帳簿または廃棄簿に返却数を記載した。
 担当薬剤師は返却された麻薬を回収が困難な方法で、1人で廃棄した。
 調剤済みの麻薬であったので、廃棄後、廃棄届を提出しなかった。
 廃棄後、麻薬帳簿または廃棄簿に廃棄したことを記載した。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4


解説
1 正
患者より麻薬が返却された場合、麻薬帳簿または廃棄簿に必要事項(返却日、品名、返却数など)を記載する必要がある。
2 誤
患者より返却された調剤済みの麻薬を廃棄する場合、麻薬管理者(麻薬管理者がいない麻薬診療施設においては麻薬施用者)が他の職員立ち会いのもと回収が困難な方法で廃棄し、30日以内に「調剤済麻薬廃棄届」を都道府県知事に提出する必要がある。
3 誤
解説2参照
4 正
患者より返却された調剤済みの麻薬を廃棄した後、麻薬帳簿または廃棄簿に廃棄したことを記載する必要がある。


問211 (物理・化学・生物)
モルヒネの構造をもとに開発された鎮痛薬はどれか。2つ選べ。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
解なし


解説
選択肢の構造(作用)については、1:デキストロメトルファン(鎮咳作用)、2:ペンタゾシン(鎮痛作用)、3:ロベリン(呼吸興奮作用)、4:ロルメタゼパム(催眠作用)、5:ペチジン(鎮痛作用)となっており、モルヒネの構造をもとに開発された鎮痛薬は、選択肢2の「ペンタゾシン」である。
【解なしの理由】
選択肢5のペチジンの開発の経緯については、抗コリン薬の探索中に偶然発見されたものであることから、モルヒネをもとに開発された鎮痛薬とはいえない。このことから本問は「解なし」となった。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.