第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問2

第100回薬剤師国家試験 問2

正逆反応とも一次反応で進行する反応を考える。

k1=0.01 min-1k-1=0.02 min-1のとき、反応物Aと生成物Bの割合は時間とともにどのように変化するか。1つ選べ。ただし、反応開始時の反応物Aの割合を1とする。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
可逆反応において平行定数Kは以下のように表すことができる。
K=k1/k-1=平衡状態におけるBの濃度/平衡状態におけるAの濃度
問題文に「k1=0.01 min1、k-1=0.02 min1のとき」とあることから、K=0.01/0.02=平衡状態におけるBの濃度/平衡状態におけるAの濃度となるため、平衡状態におけるAの濃度:平衡状態におけるBの濃度=2:1=2/3(0.67):1/3(0.33)となる。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.