第100回薬剤師国家試験 問195

20名の被験者において、CYP2D6の遺伝子型を解析したところ、以下の結果が得られた。

遺伝子型 1/1 1/10 10/10 1/5 5/10
人数 6 9 3 1 1

この被験者集団におけるCYP2D6遺伝子の10アレルの頻度として、正しいのはどれか。1つ選べ。なお、アレルの頻度とは、ある集団で、該当する遺伝子配座においてそのアレルが占める割合のことをいう。

 15%
 40%
 50%
 60%
 65%

 

 

解説
アレルとは、相同の遺伝的配位にあって、異なる遺伝情報を有する遺伝子のことであり、対立遺伝子ともよばれる。
設問の表より、この実験の結果を以下のように読み取ることができる。
・実験に用いられたCYP2D6の遺伝子の数:2×20=40個
1/10の遺伝子型由来の10の数:1/10×9人=9個
10/10の遺伝子型由来の10の数:10/10×3人=6個
5/10の遺伝子型由来の10の数:5/10×1人=1個
上記の実験結果より、CYP2D6の遺伝子40個のうち、10は16個であることから、CYP2D6遺伝子の10アレルの頻度を以下のように求めることができる。
CYP2D6遺伝子の10アレルの頻度=16÷40=0.4=40%

解答
2

第100回 問195 PDF

第100回 問196〜199

1 thought on “第100回薬剤師国家試験 問195

  1. ピンバック: 第100回薬剤師国家試験 問194 | yakugaku lab

コメントは停止中です。