第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問134

第100回薬剤師国家試験 問134

紫外線UVA、UVB、UVCに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 UVBはUVAより皮膚透過性が高い。
 UVBはUVAよりオゾン層の透過率が小さい。
 UVBは皮膚に色素沈着(サンタン)を引き起こすが、UVAはサンタンを引き起さない。
 UVBは皮膚のDNAに損傷を与える。
 地上部での光化学オキシダントの生成に寄与するのは主にUVCである。

 

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、4


解説
1 誤
UVBはUVAより皮膚透過性が低い。なお、紫外線の皮膚透過性の大きさは、UVA>UVB>UVCである。
2 正
UVBはUVAよりオゾン層の透過率は小さい。なお、紫外線のオゾン層透過率の大きさは、UVA>UVB>UVCである。
3 誤
UVA及びUVBの皮膚に対する影響を以下に示す。
UVA:主にメラニン色素が皮膚表面に沈着するサンタンを引き起こす。
UVB:主に皮膚が赤く炎症を起こす急性症状であるサンバーンを引き起こす。
4 正
UVBは皮膚のDNAに損傷を与える。よって、UVBは皮膚がんの原因となることがある。
5 誤
UVCは成層圏に存在するオゾン層にほとんど吸収されるため、地上部での光化学オキシダントの生成にはほとんど寄与しない。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.