第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問132

第100回薬剤師国家試験 問132

化学物質とその毒性に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 ハロタンは、アレルギー反応を引き起こし、肝毒性を発現する。
 ホルムアルデヒドは、紫外線による活性化を受けて皮膚毒性を発現する。
 カルバリルは、活性酸素種の産生を介して肺毒性を発現する。
 ジクロルボスは、シトクロムcオキシダーゼに結合し、神経毒性を発現する。
 アニリンとニトロベンゼンの血液毒性発現には、共通の代謝物の生成が関与する。

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5


解説
1 正
ハロタンは、シトクロムP450により代謝されてトリフロオロアセチルクロニドとなり、タンパク質と結合し、抗原化することによりアレルギー性の肝毒性を発現する。
2 誤
ホルムアルデヒドは、紫外線による活性化を受けることなく、皮膚毒性を発現する。
3 誤
カルバリルは、可逆的にコリンエステラーゼを阻害し、神経毒性を発現する。
4 誤
ジクロルボスは、コリンエステラーゼ(ChE)に不可逆的に結合し、神経毒性を発揮する。
5 正
アニリンとニトロベンゼンの血液毒性であるメトヘモグロビン血症の発現には、共通の代謝物(フェニルヒドロキシルアミン)の産生が関与している。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.