第100回薬剤師国家試験 問127

肝炎ウイルス感染症に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 多くは、C型肝炎ウイルスの持続感染者(キャリア)である。
 B型肝炎及びC型肝炎は、輸血によりまん延したことがある。
 A型肝炎ウイルスの持続感染者(キャリア)は、B型肝炎やC型肝炎に比べて多い。
 B型肝炎ウイルスは、失活しやすく感染力が弱いため、医療施設内で感染することはない。
 E型肝炎ウイルスは、主に輸血により感染する。

 

 

 

解説
1 正
肝細胞がんによる死亡者の7〜8割は、C型肝炎ウイルスの持続感染者(キャリア)である。
2 正
B型肝炎及びC型肝炎は、過去に輸血によりまん延したことがある。なお、B型肝炎は主に体液、血液を介して感染し、C型肝炎ウイルスは主に血液を介して感染する。
3 誤
A型肝炎ウイルスの持続感染者(キャリア)は、B型肝炎やC型肝炎に比べて少ない。
4 誤
B型肝炎ウイルスは、消毒薬や加熱処理で失活しにくい。そのため、医療施設内での感染が問題となることがある。
5 誤
E型肝炎ウイルスは、ブタなどの動物の内臓、肉の生食を介して感染する。

解答
1、2

第100回 問127 PDF

第100回 問128

1 thought on “第100回薬剤師国家試験 問127

  1. ピンバック: 第100回薬剤師国家試験 問126 | yakugaku lab

コメントは停止中です。