第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問124

第100回薬剤師国家試験 問124

図A及びBは、我が国における出生や死亡に関わる人口動態指標の1950年以降の年次推移である。この図に関する記述のうち、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 Aの値が低下傾向を示す一因に、晩婚化に伴う出産開始年齢の高齢化があげられる。
 Aの値は、総人口と出生数のみから求めることができる。
 Aの値が1971年から1974年にかけて高い値を示すのは、第1次ベビーブーム世代の女性が出産適齢期にさしかかったことによる。
 Bの値が1983年頃から緩やかな上昇傾向を示しているのは、人口の高齢化の影響によるものである。
 Bの値は人口の年齢構成の影響を受けるが、Aの値は影響を受けない。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
図Aは低下傾向を示していることから、出生率の年次推移であると推察され、Bは近年増加傾向を示していることから死亡率の年次推移であると推察される。
1 正しい
出生率が低下傾向を示す要因として、晩婚化に伴う出産開始年齢の高齢化があげられる。
2 正しい
出生率=(出生数/総人口)×1000
3 正しい
4 正しい
死亡率が1983年頃から緩やかな上昇傾向を示しているのは、人口の高齢化により、総人口に対する死亡数が穏やかに上昇したからである。
5 誤っている
出生率は出産が可能な年齢の女性人口により変動し、死亡率は高齢者人口により変動することから、出生率及び死亡率は共に人口の年齢構成の影響を受ける。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.