第100回薬剤師国家試験

第100回薬剤師国家試験 問116

第100回薬剤師国家試験 問116

あるタンパク質の遺伝子において1塩基置換型の変異が起こった結果、対応するアミノ酸がグルタミン酸からバリンに置き換わった変異タンパク質が生じた。考えられるDNAの塩基の置換はどれか。下表を参考にして、1つ選べ。

 TAC → TAG
 TAC → TGC
 GAA → AAA
 GAA → GTA
 GAG → GAA
6 GAG → GAT

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


動画解説


解説
本問は、タンパク質の遺伝子において1塩基置換型の変異が起こり、生合成されるタンパク質のグルタミン酸(Glu)がバリン(Val)に変化するときのDNAの塩基の置換を考える問題である。この問題を解くにあたり、確認すべき項目は、DNAセンス鎖におけるGluのコード、Valのコードである。遺伝暗号表には、mRNAにおけるアミノ酸に対応するコードが記載されていることから、遺伝暗号表よりDNAセンス鎖におけるGluのコード、Valのコードを確認するには、UをTに置換する必要がある。
<遺伝暗号表のGluのコード、Valのコード>
・Gluのコード:GAA、GAG
・Valのコード:GUU、GUC、GUA、GUG
<DNAセンス鎖におけるGluのコード、Valのコード>
・Gluのコード:GAA、GAG
・Valのコード:GTT、GTC、GTA、GTG
上記の過程で確認したコードで、1ヵ所塩基の異なる組合せは、GAA→GTA又はGAG→GTGの2種類である。

-第100回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.