第100回薬剤師国家試験 問115

マウスのある組織から目的のタンパク質を精製し、その性質を明らかにするため、以下の2つの実験を行った。実験方法と考察に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

【実験1】
精製したタンパク質のジスルフィド結合を還元後、ドデシル硫酸ナトリウム(SDS)-ポリアクリルアミドゲル電気泳動を行った。ゲル中のタンパク質を染色すると、単一のバンドが観察された。分子量が既知の5種類の標準タンパク質についても同様の操作を行い、図1の結果を得た。

【実験2】
精製したタンパク質を用いてゲルろ過クロマトグラフィーを行った。分子量が既知の6種類の標準タンパク質についても同様の操作を行い、図2の結果を得た。

 【実験1】では、電気泳動の前に、精製したタンパク質試料にSDSと2-メルカプトエタノール(2-ME)を含む緩衝液を加えて加熱した。
 【実験1】のタンパク質の染色には、臭化エチジウム(ethidium bromide)を用いた。
 【実験2】では、カラムから溶出したタンパク質を検出するため、溶出液の260 nmにおける吸光度を連続的に測定した。
 【実験1】の結果より、精製したタンパク質の単量体(モノマー)の分子量は、およそ25,000 Daと考えられる。
 【実験1】及び【実験2】の結果より、精製したタンパク質は4量体(テトラマー)として存在すると考えられる。

 

 

 

解説
1 正
【実験1】では、ドデシル硫酸ナトリウム(SDS)-ポリアクリルアミドゲル電気泳動を行っている。本法では、電気泳動の前に、精製したタンパク質試料にSDSと2-メルカプトエタノールを含む緩衝液を加えて加熱する。本法において、SDSと2−メルカプトエタノール加える目的を以下に示す。
SDS:試料タンパク質を負に帯電させるために添加される。
2−メルカプトエタノール:タンパク質間のジスルフィド結合を開裂するために添加される。
2 誤
【実験1】のタンパク質の染色には、銀染色又はクマーシーブリリアントブルー染色が用いられる。なお、臭化エチジウムは、DNAやRNAなどの核酸の染色に用いられる。
3 誤
【実験2】では、溶出したタンパク質を検出するため、芳香族アミノ酸の吸収極大に近い280 nmにおける吸光度を測定する方法がある。
4 正
【実験1】では、タンパク質を還元し、単量体(モノマー)としている。図1の横軸より、精製したタンパク質の単量体(モノマー)の分子量は、およそ25,000と考えられる。
5 誤
【実験1】の結果より単量体の分子量は、およそ25,000であると考えられる。また、【実験2】の結果を示す図2の横軸より、精製タンパク質の分子量は、およそ50,000であると考えられる。これらのことから、精製したタンパク質は2量体として存在していると考えられる。

解答
1、4

第100回 問115 PDF

第100回 問116

1 thought on “第100回薬剤師国家試験 問115

  1. ピンバック: 第100回薬剤師国家試験 問114 | yakugaku lab(薬剤師国家試験解説、薬学に関する情報 サイト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA