単語・用語

Lambert−Beerの法則(ランベルトベールの法則)

ランベルト・ベールの法則とは、「希薄溶液において、吸光度Aは、層長l、濃度c比例する」とした法則。
A=a・c・l   (a:比例定数)

ランベルト・ベールの法則は、吸光現象で成立することから、吸光度測定法(紫外可視吸光度測定法、赤外吸収スペクトル測定法)で得られる吸光度より物質の量を算出(定量)することが可能である。

-単語・用語

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.