薬剤師国家試験出題項目

利尿薬

2020/4/9  

1 糸球体濾過と尿細管の役割  腎臓の最小単位をネフロンといい、原尿を生成する腎小体と原尿の成分を調節する尿細管で構成されている。腎小体は糸球体とボーマン嚢で構成されており、尿細管は近位尿細管、ヘンレ ...

低血圧治療薬、末梢血管拡張薬

2020/4/5  

1 低血圧治療薬 低血圧とは、一般に収縮期血圧が100mmHg未満の状態のことである。低血圧の治療では、生活上の管理を行い、それでも生活の質(QOL)が損なわれる場合には、薬物療法を併用する。 低血圧 ...

高血圧症治療薬

2020/4/4  

1 血圧の概念  血圧は血液が血管壁に及ぼす圧力であり、心拍出量と全末梢血管抵抗の積で表される。 血圧=心拍出量(CO)×全抹消血管抵抗(TPR) 血圧が高い状態が継続すると、全身性の血管障害による脳 ...

虚血性心疾患治療薬

2020/4/1  

3 虚血性心疾患治療薬1 虚血性心疾患  虚血性心疾患とは、心臓に栄養を供給する冠動脈が何らかの要因により狭窄あるいは閉塞し、心筋が虚血に陥る病態のことである。虚血性心疾患には、心筋虚血のみで心筋壊死 ...

心不全治療薬

2020/3/26  

1 心不全 心不全とは、心臓に何らかの異常があり、全身の各組織の働きを維持するために必要な血液を供給できなくなった状態のことである。 1)心不全の病態  心臓機能の低下により心拍出量が低下すると、全身 ...

不整脈治療薬

2020/4/4  

1 不整脈  不整脈とは、正常洞調律以外の異常な心拍のことであり、頻脈性不整脈(心拍数が100回/分を超える不整脈)と徐脈性不整脈(心拍数が60回/分未満の不整脈)に分類される。 1)刺激伝導系と心電 ...

骨粗しょう症治療薬

2020/3/22  

1 骨粗しょう症  骨粗しょう症とは、単位体積あたりの骨量(骨密度)が低下し、骨の構造が劣化する代謝性骨疾患である。骨粗しょう症は、加齢や閉経が原因となる原発性とその他の要因により誘発される続発性に分 ...

関節リウマチに作用する薬

2020/3/18  

1 関節リウマチ(RA)  関節リウマチ(RA)とは、免疫機構の異常により主に滑膜に炎症が生じる慢性炎症性疾患である。RAでは、左右対称性の手指・肘・膝関節の腫脹、疼痛、朝のこわばり、易疲労性、微熱、 ...

免疫系の作用する薬

2020/3/18  

1 免疫  免疫とは、異物(病原微生物や異常な細胞など)を非自己として判定し排除するシステムのことであり、自然免疫と獲得免疫の連携により成り立っている。 ●自然免疫  自然免疫とは、生まれた時から備わ ...

腎排泄型薬物

2020/3/12  

薬物の消失は主に肝代謝と腎排泄により行われている。腎排泄率については、尿中の未変化体量より確認することができ、その値が大きい薬物は腎排泄型(腎消失型)薬物といわれる。腎排泄型薬物を腎機能の低下している ...

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.