薬剤師国家試験出題項目

消化管

2020/11/25  

Section9 消化管 消化管は、口腔、食道、胃、小腸(十二指腸、空腸、回腸)、大腸(盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸)、肛門で構成されており、口から摂取した食物の消化・吸収、固形 ...

心臓

2020/11/23  

Section5 心臓  1 心臓の構造 心臓は、全身に血液を送るポンプとしての機能を有する握りこぶし程度の大きさの器官であり、その重量は、体重の約0.5%である。解剖学的には右心房、右心室、左心房、 ...

皮膚

2020/11/23  

Section4 皮膚 皮膚は、表皮、真皮、皮下組織の3層からなり、表皮には付属器官(爪、毛、汗腺、脂腺など)が存在し、真皮には血管やリンパ管、多くの神経終末、肥満細胞やマクロファージが存在する。皮膚 ...

筋肉収縮の調節機構

2020/11/12  

Section4 筋肉収縮の調節機構 1 筋収縮のCa2+制御 いずれの筋肉も細胞質のCa濃度変化により制御されるが、その制御機構は筋肉によって異なる。 2 筋収縮の分子機構 横紋筋(骨格筋、心筋)と ...

骨・筋肉

2020/11/11  

Section3 骨・筋肉 1 骨 1.1 骨の基本構造 骨は、その形から長骨、短骨、扁平骨、不規則骨などに分類される。 骨の表面は骨膜に覆われており、骨組織は密で硬い緻密質と隙間の多い海綿質からなる ...

中枢神経系

2020/11/9  

Section1 中枢神経系 中枢神経系は脳と脊髄で構成されている。  1 脳  脳は大脳(終脳)、間脳、脳幹(中脳、橋、延髄)、小脳で構成されている。 1.1 大脳(終脳)  大脳は、表皮を取り巻く ...

組織を構成する細胞

2020/11/8  

Section1 組織を構成する細胞 組織は、機能的・形態的な共通的特徴によって上皮組織、支持組織、筋組織、神経組織に分類される。  1 上皮組織  上皮組織は、基底膜に細胞が並んでいる形態をしている ...

幹細胞、前駆細胞の役割

2020/11/6  

Section5 幹細胞、前駆細胞の役割 発生の過程では、受精卵が分化してできた胚細胞が異なった機能をもつ様々な細胞へと分化していく。最終分化した細胞は、細胞ごとに特異的な遺伝子を発現し、それぞれ特有 ...

個体の発生

2020/11/5  

Section4 個体の発生 個体の発生とは、1個の受精卵が体細胞分裂を繰り返し、個体が形成される過程のことである。個体の発生過程は生物により異なるが、受精卵が卵割することによる胚胞形成、原腸胚を形成 ...

遺伝疾患

2020/11/5  

Section3 遺伝疾患 遺伝疾患とは、遺伝要因の異常(染色体や遺伝子の異常など)が関係して発生する病気のことであり、親が正常でも子に遺伝疾患が発生することがある。遺伝疾患は、単一遺伝子疾患、染色体 ...

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.