日別アーカイブ:2020年05月19日

no image

薬剤惹起性うつ病

2020/5/19  

●概要 薬剤惹起性うつ病とは、治療を目的として投与された医薬品によって生じるうつのことである。 ●症状 ・眠れなくなった ・物事に興味がなくなった ・不安やイライラが出る ・いろんなことが面倒になった ...

no image

セロトニン症候群

2020/5/19  

●概要 セロトニン系の薬物(選択的セロトニン再取り込み阻害薬など)を服用中に出現する副作用で、精神症状(不安、混乱する、いらいらする、興奮する、動き回るなど)、錐体外路症状(手足が勝手に動く、震える、 ...

no image

アカシジア

2020/5/19  

●概要 アカシジア(静座不能症)には、座ったままでじっとしていられず、そわそわと動き回るという症状が現れる。 一般に服用を始めて数日後に出現するが、数カ月間以上同じ薬を飲み続けた後に出現する場合もある ...

no image

薬物性味覚障害

2020/5/19  

●概要 薬を飲んだことにより生じる味覚障害では、全体的に味を感じなくなる、あるいは一部の味が低下する症状が認められる。 ●症状 ・味を感じにくい ・嫌な味がする ・食べ物の味が変わった ・食事がおいし ...

no image

抗がん剤による口内炎

2020/5/19  

●概要 抗がん剤治療にともなう口内炎は薬による直接的な作用と抵抗力の低下による細菌などの感染により発生する。 発生頻度は 30~40%と比較的高い副作用である。 抗がん剤投与後、数日から10日目ぐらい ...

no image

薬物性口内炎

2020/5/19  

●概要 薬物性口内炎では、口の中やくちびるが広範囲にわたりただれる、口のまわりの皮ふにぶつぶつができる、目や鼻の中の粘膜もただれる、高熱(38℃以上)などの症状を伴う重篤な粘膜の障害につながることがあ ...

no image

骨吸収抑制薬に関連する顎骨壊死・顎骨骨髄炎

2020/5/19  

●概要 顎骨壊死とは、あごの骨の組織や細胞が局所的に死滅し、骨が腐った状態のことである。また、顎骨骨髄炎とは、むし歯や歯周病が進行し、口の中にもともと生息する細菌による感染があごの骨にまで及んだ状態の ...

no image

特発性大腿骨頭壊死症

2020/5/19  

●概要 特発性大腿骨頭壊死症とは、大腿骨頭の一部が、血流の低下により壊死に陥った状態のことである。 骨壊死と痛みの発生には時間的差があり、壊死があるだけでは痛みが発生しないため、壊死があっても生涯痛み ...

no image

尿閉・排尿困難

2020/5/19  

●概要 尿閉とは、尿が膀胱に充満していて出したい気がするのに排尿ができない状態のことであり、痛みを伴う。 排尿困難とは、尿の勢いが弱い(尿勢低下)、尿が 1 本ではなく分かれて飛びちる(尿線分割)、尿 ...

no image

出血性膀胱炎

2020/5/19  

●概要 出血を伴う膀胱炎で、尿が赤みを帯びる(血尿)という症状がみられる。 膀胱粘膜の一部からというより全体からの出血が起こることが特徴的である。 ●症状 ・尿回数の増加(頻尿)、 ・排尿時の痛み ・ ...

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.