月別アーカイブ:2020年04月

制吐薬

2020/4/29  

1 嘔吐のメカニズム  嘔吐中枢(VC)と化学受容器引金帯(CTZ)が様々な原因により刺激されると、迷走神経、横隔神経などを介して胃、横隔膜、腹筋に情報が伝達され、嘔吐が引き起こされる。嘔吐はVCへの ...

no image

第105回薬剤師国家試験 問38

2020/4/28  

第105回薬剤師国家試験 問38 脂肪組織でのTG(トリグリセリド)の分解を阻害して肝臓への遊離脂肪酸の取込みを抑制し、肝臓におけるVLDL(超低密度リポタンパク質)の産生を低下させるのはどれか。1つ ...

第105回薬剤師国家試験 問37

2020/4/28  

第105回薬剤師国家試験 問37 アドレナリンα1、α2 及びβ1受容体に作用し、β2受容体及びドパミンD1受容体にはほとんど作用しないのはどれか。1つ選べ。     ...

no image

第105回薬剤師国家試験 問36

2020/4/27  

第105回薬剤師国家試験 問36 メテノロンのタンパク同化作用の機序はどれか。1つ選べ。 1 アロマターゼ阻害 2 エストロゲン受容体刺激 3 ペルオキシダーゼ阻害 4 バソプレシンV2受容体刺激 5 ...

no image

第105回薬剤師国家試験 問35

2020/4/26  

第105回薬剤師国家試験 問35 K+と競合してH+,K+–ATPaseを可逆的に阻害し、胃酸分泌を抑制するのはどれか。1つ選べ。 1 エソメプラゾール 2 ラフチジン 3 ピレンゼピン 4 ボノプラ ...

瀉下薬、止瀉薬

2020/4/26  

1 瀉下薬  瀉下薬とは、下剤、便秘薬のことであり、便の排出を促し、機能性便秘や慢性便秘の不快な症状を軽減することを目的として用いられる。瀉下薬(下剤)には、機械的下剤と刺激性下剤、クロライドチャネル ...

no image

第105回薬剤師国家試験 問34

2020/4/26  

第105回薬剤師国家試験 問34 IL−6(インターロイキン−6)受容体に対するモノクローナル抗体はどれか。1つ選べ。 1 アダリムマブ 2 バシキリキマブ 3 インフリキシマブ 4 トシリズマブ 5 ...

no image

第105回薬剤師国家試験 問33

2020/4/25  

第105回薬剤師国家試験 問33 Rhoキナーゼを阻害して血管平滑筋を弛緩させるのはどれか。1つ選べ。 1 ニコランジル 2 タダラフィル 3 ファスジル 4 ロメリジン 5 リオシグアト &nbsp ...

no image

第105回薬剤師国家試験 問32

2020/4/24  

第105回薬剤師国家試験 問32 抗不安作用とともに、ヒスタミンH1受容体の遮断により抗アレルギー作用をあわせもつのはどれか。1つ選べ。 1 エチゾラム 2 ヒドロキシジン 3 エスシタロプラム 4  ...

頻尿治療薬、排尿障害治療薬

2020/4/25  

1 排尿調節の神経支配  排尿調節は自律神経により行われている。交感神経系が興奮すると排尿が抑制され、副交感神経系が興奮すると排尿が促進される。 2 頻尿治療薬  下部尿路機能障害は、蓄尿機能の障害と ...

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.