ビクシリン注射用0.25g、0.5g、1g、2g(アンピシリンナトリウム)

ビクシリン注射用0.25g、0.5g、1g、2g(アンピシリンナトリウム) 名称 商品名:ビクシリン 一般名:アンピシリンナトリウム 剤型・規格 注射用:250mg、500mg、1g、2g 構造 薬効分類 広範囲ペニシリン系薬 薬効薬理・作用機序 アンピシリンは、構造中のβラクタム環が細菌の細胞壁合成酵素、ペニシリン結合淡白(PBP)に結合することにより細胞壁の生合成を抑制する。 <抗菌作用> アンピシリンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、髄膜炎菌、炭疽菌、放線菌、大腸菌、赤痢菌、プロテウス・ミラビリス、インフルエンザ菌、リステリア・モノサイトゲネス 適応症、服用方法、使用方法 ●敗血症、感染性心内膜炎、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、骨髄炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、膿胸、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、淋菌感染症、腹膜炎、肝膿瘍、感染性腸炎、子宮内感染、化膿性髄膜炎、眼瞼膿瘍、角膜炎(角膜潰瘍を含む)、中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、抜歯創・口腔手術創の二次感染、猩紅熱、炭疽、放線菌症 ●成人 アンピシリンとして、通常、成人には1回250〜1000mg(力価)を1日2〜4回筋肉内注射する。 敗血症、感染性心内膜炎、化膿性髄膜炎については、一般に通常用量より大量を使用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。 アンピシリンとして、通常、成人には1日量1〜2g(力価)を1〜2回に分けて日局生理食塩液又は日局ブドウ糖注射液に溶解し静脈内注射し、点滴静注による場合は、アンピシリンとして、通常、成人には1日量1〜4g(力価)を1〜2回に分けて輸液100〜500mLに溶解し1〜2時間かけて静脈内に点滴注射する。 敗血症、感染性心内膜炎、化膿性髄膜炎については、一般に通常用量より大量を使用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。 ●小児 アンピシリンとして、通常、小児には1日100〜200mg(力価)/kgを3〜4回に分けて日局生理食塩液又は日局ブドウ糖注射液に溶解し静脈内注射し、点滴静注による場合は、輸液に溶解して用いる。なお、症状・病態に応じて適宜増量とするが、投与量の上限は1日400mg(力価)/kgまでとする。 ●新生児 アンピシリンとして、通常、新生児には1日50〜200mg(力価)/kgを2〜4回に分けて日局生理食塩液又は日局ブドウ糖注射液に溶解し静脈内注射し、点滴静注による場合は、輸液に溶解して用いる。 禁忌 ・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 ・伝染性単核症のある患者 [発疹の発現頻度を高めることがある] 相互作用 薬物動態学的相互作用 ・経口避妊薬 本剤が腸内細菌叢を変化させ、経口避妊薬の腸管循環による再吸収を抑制し、経口避妊薬の効果が減弱するおそれがある。 副作用 1)主な副作用 発熱、発疹、蕁麻疹 など 2)重大な副作用 ・ショック、アナフィラキシー 呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹などが認められることがある。 不快感、口内異常感、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴、発汗等が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。 ・中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群 高熱、全身倦怠感、唇、外陰部のただれなどが認められることがある。 異常が認められた場合には、直ちに中止すること。 ・無顆粒球症、溶血性貧血 全身倦怠感、息切れ、頭痛、めまい、咽頭痛、発熱などが認められることがある。 定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。 ・急性腎障害等の重篤な腎障害 尿量の減少、腎臓の腫れ、背中の痛み、発熱などが認められることがある。 異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。 ・偽膜性大腸炎等の血便を伴う重大な大腸炎 腹痛、粘血便、頻回の下痢が認められることがある。 異常が認められた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。 補足 ・グラム陽性菌に加え、一部のグラム陰性菌に対して有効 ・ペニシリナーゼに不安定であるため、ペニシリナーゼ産生菌に対してほとんど効果を示さない。 (注意事項) 作成日時の時点における医薬品情報を使用して作成しております。 医薬品を使用する前には、必ず最新の添付文書を確認するようにしてください。 → Read More

ビクシリンカプセル250mg/ドライシロップ10%(アンピシリン水和物)

ビクシリンカプセル250mg/ドライシロップ10%(アンピシリン水和物) 名称 商品名:ビクシリン 一般名:アンピシリン水和物 剤型・規格 カプセル:250mg ドライシロップ:10% 構造 薬効分類 広範囲ペニシリン系薬 薬効薬理・作用機序 アンピシリンは、構造中のβラクタム環が細菌の細胞壁合成酵素、ペニシリン結合淡白(PBP)に結合することにより細胞壁の生合成を抑制する。 <抗菌作用> 本剤に感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、炭疽菌、放線菌、大腸菌、赤痢菌、プロテウス・ミラビリス、インフルエンザ菌、梅毒トレポネーマ 適応症、服用方法、使用方法 ●ドライシロップ、カプセル共通 表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、慢性膿皮症、外傷・熱傷及び手術創等の二次感染、乳腺炎、骨髄炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、膿胸、慢性呼吸器病変の二次感染、膀胱炎、腎盂腎炎、淋菌感染症、腹膜炎、肝膿瘍、感染性腸炎、子宮内感染、眼瞼膿瘍、麦粒腫、角膜炎(角膜潰瘍を含む)、中耳炎、副鼻腔炎、歯周組織炎、歯冠周囲炎、顎炎、抜歯創・口腔手術創の二次感染、猩紅熱、炭疽、放線菌症 ●カプセルのみ 梅毒 ●カプセル 通常、成人には1回アンピシリン水和物として250〜500mg(力価)を、1日4〜6回経口投与する。なお、年齢、症状に応じて適宜増減する。 ●ドライシロップ 用時溶解し、通常成人には1回本剤2.5〜5g[アンピシリン水和物として250〜500mg(力価)]を1日4〜6回経口投与する。 小児には体重1kg当り本剤0.25~0.5g[アンピシリン水和物として25~50mg(力価)]を1日量とし、4回に分けて経口投与する。 なお、年齢、症状に応じて適宜増減する。 禁忌 ・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 ・伝染性単核症のある患者 [発疹の発現頻度を高めることがある] 相互作用 薬物動態学的相互作用 ・経口避妊薬 本剤が腸内細菌叢を変化させ、経口避妊薬の腸管循環による再吸収を抑制し、経口避妊薬の効果が減弱するおそれがある。 副作用 1)主な副作用 発熱、発疹、蕁麻疹 など 2)重大な副作用 ・ショック、アナフィラキシー 呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹などが認められることがある。 不快感、口内異常感、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴、発汗等が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。 ・中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群 高熱、全身倦怠感、唇、外陰部のただれなどが認められることがある。 異常が認められた場合には、直ちに中止すること。 ・無顆粒球症、溶血性貧血 全身倦怠感、息切れ、頭痛、めまい、咽頭痛、発熱などが認められることがある。 定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。 ・急性腎障害等の重篤な腎障害 尿量の減少、腎臓の腫れ、背中の痛み、発熱などが認められることがある。 異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。 ・偽膜性大腸炎等の血便を伴う重大な大腸炎 腹痛、粘血便、頻回の下痢が認められることがある。 異常が認められた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。 補足 ・グラム陽性菌に加え、一部のグラム陰性菌に対して有効 ・ペニシリナーゼに不安定であるため、ペニシリナーゼ産生菌に対してほとんど効果を示さない。 (注意事項) 作成日時の時点における医薬品情報を使用して作成しております。 医薬品を使用する前には、必ず最新の添付文書を確認するようにしてください。 → Read More