バイシリンG顆粒40万単位(ベンジルペニシリンベンザチン水和物)

名称 商品名:バイシリンG 一般名:ベンジルペニシリンベンザチジン水和物 剤型・規格 顆粒:40万単位 構造 薬効分類 持続性経口ペニシリン製剤 薬効薬理・作用機序 ベンジルペニシリンは、構造中のβラクタム環が細菌の細胞壁合成酵素、ペニシリン結合淡白(PBP)に結合することにより細胞壁の生合成を抑制する。 <抗菌作用> ベンジルペニシリンに感性のレンサ球菌属、肺炎球菌、梅毒トレポネーマ 適応症、服用方法、使用方法 <適応症> リンパ管・リンパ節炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、梅毒、中耳炎、副鼻腔炎、猩紅熱、リウマチ熱の発症予防 通常、成人にはベンジルペニシリンベンザチン水和物として1回40万単位を1日2〜4回経口投与する。梅毒に対しては、通常、成人1回40万単位を1日3〜4回経口投与する。 なお、年齢、症状により適宜増減する。 ●腎消失型薬物であるため、腎障害患者には投与量を調節するなど慎重に投与する必要がある。 禁忌 ・本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者 副作用 重大な副作用 ・ショック 呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹などが認められることがある。 不快感、口内異常感、喘鳴、眩暈、便意、耳鳴、発汗等が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。 ・溶血性貧血 全身倦怠感、息切れ、頭痛、めまいなどが認められることがある。 定期的に検査を行うなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には、投与を中止し、適切な処置を行うこと。 ・間質性腎炎、急性腎障害 尿量の減少、腎臓の腫れ、背中の痛み、発熱などが認められることがある。 異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。 ・偽膜性大腸炎 腹痛、粘血便、頻回の下痢が認められることがある。 異常が認められた場合には、直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。 補足 ・抗菌スペクトルが狭い ・主にグラム陽性菌による感染症に用いられる ・ペニシリナーゼに不安定 ・ショックを起こすことがあるため、使用する前に十分な問診を行うこととされている (注意事項) 作成日時の時点における医薬品情報を使用して作成しております。 医薬品を使用する前には、必ず最新の添付文書を確認するようにしてください。 → Read More