注射用ペニシリンGカリウム20万単位/100万単位(ベンジルペニシリンカリウム)

名称 商品名:注射用ペニシリンGカリウム 一般名:ベンジルペニシリンカリウム 剤型・規格 バイアル:20万単位、100万単位 構造 薬効分類 ペニシリン系抗生物質 薬効薬理・作用機序 ベンジルペニシリンは、構造中のβラクタム環が細菌の細胞壁合成酵素、ペニシリン結合淡白(PBP)に結合することにより細胞壁の生合成を抑制する。 <抗菌作用> ベンジルペニシリンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属、肺炎球菌、腸球菌属、淋菌、髄膜炎菌、ジフテリア菌、炭疽菌、放線菌、破傷風菌、ガス壊疽菌群、回帰熱ボレリア、ワイル病レプトスピラ、鼠咬症スピリルム、梅毒トレポネーマ 適応症、服用方法、使用方法 <適応症> 敗血症、感染性心内膜炎、表在性皮膚感染症、深在性皮膚感染症、リンパ管・リンパ節炎、乳腺炎、咽頭・喉頭炎、扁桃炎、急性気管支炎、肺炎、肺膿瘍、膿胸、慢性呼吸器病変の二次感染、淋菌感染症、化膿性髄膜炎、中耳炎、副鼻腔炎、猩紅熱、炭疽、ジフテリア(抗毒素併用)、鼠咬症、破傷風(抗毒素併用)、ガス壊疽(抗素併用)、放線菌症、回帰熱、ワイル病、梅毒 ●化膿性髄膜炎・感染性心内膜炎・梅毒を除く感染症 通常、成人には、ベンジルペニシリンとして1回30〜60万単位を1日2〜4回筋肉内注射する。→ Read More