受容体と情報伝達系

受容体と情報伝達系 1 受容体 内因性情報伝達物質(神経伝達物質、ホルモン、オータコイドなど)には、それぞれに固有の受容体が存在する。受容体は、発現部位や効果の現れ方、機能、情報伝達の違いなどによりサブタイプに分類される。 1)アドレナリン受容体 2)アセチルコリン受容体 3)ヒスタミン受容体 4)セロトニン受容体 5)ドパミン受容体 6)グルタミン酸受容体 7)GABA受容体 8)グリシン受容体 9)オピオイド受容体 10)アンギオテンシンⅡ受容体 11)エイコサノイド受容体 2 細胞膜受容体 細胞膜受容体は、アゴニストが結合することによって発生する刺激情報が細胞内に伝達される様式からGタンパク質共役型、イオンチャネル内蔵型、酵素内蔵型受容体の3種類に分類することができる。 1)Gタンパク質共役型受容体  Gタンパク質共役型受容体は、細胞膜7回貫通型受容体であり、Gタンパク質を介して効果器である酵素やイオンチャネルの活性化をもたらす。 2)イオンチャネル内蔵型受容体  イオンチャネル内蔵型受容体は、細胞膜4〜5回貫通型受容体であり、受容体にアゴニストが結合することによりイオンチャネルが活性化される。 チャネルが開口すると、濃度の高い方から低い方にイオンが移動する。細胞外には、Ca2+、Na+、Cl-が多いため、それぞれのチャネルが開口すると細胞外から細胞内にCa2+、Na+、Cl-が流入する。それに対して、細胞内には、K+が多いため、K+チャネルが開口すると細胞内から細胞外にK+、Na+、Cl-が流出する。 3)酵素内蔵型受容体  酵素内蔵型受容体には、チロシンキナーゼ内蔵型受容体やグアニル酸シクラーゼ内蔵型受容体などがある。酵素内蔵型受容体は、細胞膜1回貫通型受容体であり、細胞内に酵素活性領域を有しており、リガンドが結合すると細胞内で酵素活性化による反応が促進する。 チロシンキナーゼ内蔵型受容体の代表例として、インスリン受容体や上皮成長因子(EGF)受容体があり、グアニル酸シクラーゼ内蔵型受容体の代表例として、心房性ナトリウム利尿ペプチド(ANP)受容体がある。 インスリン受容体 受容体にインスリンが結合すると、細胞質内に存在するチロシンキナーゼ部分が活性化し、作用発現に関与するIRS(insulin→ Read More