MENU
業界最安値、最高の講義、未来を切り拓く教育体験❕ クリック

108回薬剤師国家試験 問104

多発性硬化症治療薬のフィンゴリモドは、体内でスフィンゴシンキナーゼによって立体選択的にリン酸化されて活性体となり、スフィンゴシン-1-リン酸(S1P)受容体アゴニスト活性を発揮する。次の記述のうち、正しいのはどれか。2選べ。

  1. S1Pの2位の絶対配置は、Sである。 
  2. フィンゴリモドは、キラル化合物である。 
  3. フィンゴリモドリン酸(活性体)は、R体である。 
  4. S1Pとフィンゴリモドリン酸は、両親媒性である。 
  5. S1Pは、グリセロリン脂質である。

解答・解説

解答
1、4

解説


よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次