第103回薬剤師国家試験

第103回薬剤師国家試験 問202〜203

第103回薬剤師国家試験 問202〜203

69歳女性。関節リウマチと診断され、抗リウマチ薬を服用中である。関節症状は改善傾向であった。数日前より発熱、乾性咳が出現し、本日、呼吸困難症状が出現したため緊急入院となった。胸部X線CT画像検査の結果、広範なモザイク状のすりガラス陰影が確認された。


問202 (実務)
薬物の副作用として最も疑われる疾患名はどれか。1つ選べ。

1 間質性肺炎
2 細菌性肺炎
3 肺気腫
4 肺結核
5 マイコプラ
ズマ肺炎

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1


解説
本症例では、胸部X線CT画像検査により、広範なモザイク状のすりガラス陰影(間質影)が確認されていることから、抗リウマチ薬の副作用である間質性肺炎と疑われる。


問203 (物理・化学・生物)
実施した画像検査に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

1 この画像検査で用いる電磁波の波長は、50〜200 nmである。
2 この画像検査では、脂肪組織よりも骨の方が強く電磁波を吸収する。
3 この画像検査では、陰性造影剤としてヨウ素化合物を用いる。
4 モザイク状のすりガラス陰影の濃淡は、
電磁波照射後の水素原子核の緩和時間の差を表す。
5 アクリル板などでの遮へいにより、測定者も電磁波の被曝から防護する必要がある。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
1 誤
胸部X線CT画像検査では、電磁波としてX線が用いられ、その波長は1 pm〜10 nmである。
2 正
X線の吸収率は組織により異なる。
<X線の吸収率>
骨≫血液>脂肪組織≫肺
3 誤
X線造影剤には、X線を多く吸収する陽性造影剤とX線をほとんど吸収しない陰性造影剤がある。陽性造影剤には、硫酸バリウムやヨウ素化合物が用いられ、陰性造影剤には、空気や炭酸ガスが用いられる。
4 誤
モザイク状のすりガラス陰影の濃淡は、X線の吸収率の差によるものである。なお、電磁波照射後の水素原子核の緩和時間の差を利用した画像診断法は核磁気共鳴スペクトル測定法(MRI)である。
5 誤
X線はアクリル板では遮蔽することはできない。X線を用いた画像診断をする場合には、鉛板などでの遮へいにより、測定者も電磁波の被曝から防護する必要がある。

-第103回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.