薬剤師国家試験出題項目

胃・十二指潰瘍治療薬

1 消化性潰瘍(胃・十二指腸潰瘍)

 消化性潰瘍とは、攻撃因子(胃酸、ペプシン、ガストリン、ヘリコバクター・ピロリ菌、NSAIDs、ストレスなど)と防御因子(粘液、プロスタグランジン、粘膜上皮細胞など)のバランスが崩れ、攻撃因子が優位、あるいは防御因子が弱体化して、胃または十二指腸の組織が粘膜筋板を越えて深く欠損した状態である。
消化性潰瘍の治療薬として、攻撃因子を抑制する薬、防御因子を増強する薬、ヘリコバクター・ピロリ菌を除菌する薬が用いられる。

1)攻撃因子抑制薬

胃の攻撃因子である胃酸の分泌には、ヒスタミンH2受容体、ガストリン受容体、ムスカリンM1、M3受容体が関与していることから、攻撃因子抑制薬として、H2受容体拮抗薬、抗ガストリン薬、抗コリン薬が用いられる。

また、攻撃因子抑制薬として、壁細胞のH分泌の最終段階であるプロトンポンプを特異的に阻害するプロトンポンプ阻害薬(PPI)や胃酸中和作用を有する制酸剤(Mg製剤、Al製剤)が用いられる。

(1)プロトンポンプ阻害薬(PPI)
① オメプラゾール ② ランソプラゾール ③ ラベプラゾール ④ エソメプラゾール

・腸管から吸収され血中に移行した後、胃壁細胞から分泌され作用を示す。

・胃酸により活性化されたあと、プロトンポンプのSH 基と不可逆的に結合し、その作用を阻害する。SH基と不可逆的に結合するため作用持続時間は長い。
・H2受容体遮断薬に比べ、胃酸分泌抑制作用が強い。
・胃潰瘍・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎に用いられる。
・非ステロイド性抗炎症薬投与時、低用量アスピリン投与時における胃潰瘍又は十二指腸潰瘍の再発の抑制に用いられる(オメプラゾールを除く)。
・副作用として、汎血球減少症、無顆粒球症、血小板減少、肝機能障害を起こすことがある。

⑤ ボノプラザン

・カリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P−CAB)
・プロトンポンプに対して、Kと競合的に作用することでHの分泌を抑制する。
・胃酸による活性化を必要としないため、作用発現までの時間が短い。
・H2受容体遮断薬に比べ、胃酸分泌抑制作用が強い。
・塩基性が強く、酸性条件下でも長期間安定であることから作用持続時間が長い。

(2)抗コリン薬
① ピレンゼピン

・副交感神経節やECL細胞に存在するM1受容体を選択的に遮断することにより胃壁細胞からの胃酸分泌を抑制する。
・M2受容体やM3受容体遮断作用をほとんど示さないため、心臓、唾液腺、平滑筋などへの副作用が少ない。

② チキジウム ③ ブチルスコポラミン ④ プロパンテリン
・ムスカリン受容体(M1〜M3)を非選択的に阻害し、胃酸分泌抑制、ガストリン分泌抑制、消化管運動抑制作用を示す。

(3)H2受容体遮断薬
① ファモチジン ② ラニチジン ③ シメチジン ④ ロキサチジン
⑤ ニザチジン ⑥ ラフチジン

・胃壁細胞の基底膜にあるヒスタミンH2受容体を遮断し、ヒスタミンによる胃酸分泌を抑制する。
・ペプシン分泌抑制作用を有する。
・胃・十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、上部消化管出血に用いられる。
・副作用として、汎血球減少症、無顆粒球症を起こすことがある。
・シメチジンは、構造中にイミダゾール環を有しており、CYP阻害作用を示すため、併用薬には注意する必要がある。

(4)ガストリン抑制薬
① プログルミド
・壁細胞やECL細胞のガストリン受容体を遮断し、胃酸分泌を抑制する。
・胃粘膜保護作用や組織修復促進作用を示す。
・胃潰瘍、急性・慢性胃炎の急性増悪期に用いられる。

② オキセサゼイン
・胃幽門腺に存在するガストリン細胞からのガストリンの遊離を抑制する。

(5)制酸剤
●全身性
① 炭酸水素ナトリウム
●局所性
① 乾燥水酸化アルミニウムゲル ② 合成ケイ酸アルミニウム ③ 水酸化マグネシウム
④ 酸化マグネシウム
・胃酸を中和し、胃酸によるペプシノーゲンの活性化を阻害することによりペプシンの消化力を抑制する。
・全身性(吸収性)制酸剤は胃酸中和後、消化管から吸収されて全身性アルカローシスを誘発することがある。それに対して、局所性制酸剤は吸収されないため、全身性の副作用を誘発しにくいが、消化器症状(下痢など)を誘発することがある。

2)防御因子増強薬

胃の攻撃因子である胃酸やペプシンなどに対する防御因子として、胃酸を中和する重炭酸イオン(HCO3)や胃粘液がある。防御因子増強薬には、プロスタグランジンを増加させるもの、粘液分泌を増加させるもの、粘膜の血流を増加させるもの、胃酸と潰瘍面の接触時間を短縮させるものが用いられる。

(1)PG製剤
① ミソプロストール

・プロスタグランジンE1誘導体であり、プロスタノイドEP受容体を刺激し、胃酸分泌抑制作用、粘液分泌促進作用、粘膜血流増加作用を示す。
・非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期投与時における胃潰瘍及び十二指腸潰瘍に用いられる。
・妊婦又は妊娠している可能性のある婦人に投与することができない(投与禁忌)。
・副作用として、月経異常、下痢、腹痛などを起こすことがある。

(2)胃粘膜修復・胃粘膜保護薬

(3)D2受容体遮断薬
① スルピリド
・胃のコリン作動性神経のドパミンD2受容体を遮断し、AChの遊離を促進させ胃内容物の停留を改善することにより潰瘍面と胃酸やペプシンの接触時間を短縮する。
・胃潰瘍、十二指腸潰瘍(低用量)、うつ・うつ状態(中用量)、統合失調症(高用量)に用いられる。

 3)ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌

 ヘリコバクター・ピロリ菌は、ウレアーゼ活性を有しており、尿素からアンモニアを産生し、胃酸を中和することで胃内で生存することを可能としている。ヘリコバクター・ピロリ菌は、耐性を生じやすいため、ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌では、多剤併用療法(PPI+2種類の抗菌薬の併用療法)を行う。

 

◇関連問題◇
第97回問36、第98回問57、第99回問34、第99回問248〜249、第100回問258〜259、第101回問67、第101回問160、第101回問246〜247、第103回問158

胃・十二指腸潰瘍治療薬 PDFテキスト

-薬剤師国家試験出題項目

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.