第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問96

第99回薬剤師国家試験 問96

以下の記述は日本薬局方アスピリンの定量法に関するものである。
「本品を乾燥し、その約1.5 gを精密に量り、0.5 mol/L水酸化ナトリウム液50 mLを正確に加え、二酸化炭素吸収管(ソーダ石灰)を付けた還流冷却器を用いて10分間穏やかに煮沸する。冷後、直ちに過量の水酸化ナトリウムを0.25 mol/L硫酸で滴定する(指示薬:フェノールフタレイン試液3滴)。同様の方法で空試験を行う。
0.5  mol/L水酸化ナトリウム液1 mL=[   ア   ]mgC9H8O4
定量法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。ただし、アスピリンの分子量は180.16である。

 「精密に量る」とは、指示された数値の質量をその桁数まで量ることを意味する。
 下線部の操作は、アスピリンの加水分解反応(けん化)を促進するために行う。
 空試験により、空気中の二酸化炭素が0.5 mol/L水酸化ナトリウム液に溶け込んだ影響を補正することができる。
 0.25 mol/L硫酸の代わりに0.5 mol/L塩酸で同様の操作を行うと、[ ア ]に示した対応量は2倍となる。
 [ ア ]に入る数値は90.08である。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3


解説
1 誤
設問の記述は、「正確に量る」に関する記述である。なお、「精密に量る」とは、量るべき最少位を考慮し、0.1 mg、10 µg、1 µg又は0.1 µgまで量ることを意味する。
2 正
下線部の操作では、塩基性条件下、加熱することによりアスピリンのエステル部分を加水分解(けん化)するために行っている。
3 正
本法では、空気中の二酸化炭素と水酸化ナトリウムが反応することにより、滴定結果に誤差を生じる恐れがある。空試験を行うことにより空気中の二酸化炭素による誤差を補正することができる。
4 誤
逆滴定用の標準液を変化させても、医薬品と標準液の対応量は変化しない。
5 誤
1 molのアスピリンは、2 molの水酸化ナトリウムと反応するため、対応量を以下のように計算することがきる。
2 mol/L水酸化ナトリウム液1 L= 180.16 g C9H8O4
2 mol/L水酸化ナトリウム液1 mL= 180.16 mgC9H8O4
0.5 mol/L水酸化ナトリウム液1 mL= 180.16 mg×1/4 C9H8O4=45.04 mgC9H8O

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.