第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問65

第99回薬剤師国家試験 問65

風しんについて誤っているのはどれか。1つ選べ。

 妊娠初期の罹患は胎児に奇形を発症させるリスクがある。
 RNAウイルスによる感染である。
 発しんは、治療しなくても数日で消退する。
 特異的IgM抗体が急性期の血清中に出現する。
 予防には、不活化ワクチンを接種する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
1 正しい
妊娠初期に風しんウイルスに初感染すると、経胎盤感染により胎児に難聴、白内障、心奇形等が生じるおそれがある。
2 正しい
風しんを引き起こす風しんウイルスは、RNAウイルスである
3 正しい
風しんによる発しんは、特に治療をしなくても通常2、3日で消退する。
4 正しい
風しんウイルスに感染すると、血中で急性期にはIgM抗体が、回復期にはIgG抗体が上昇する。
5 誤っている
風しんの予防には生ワクチンを用いる。風しんのワクチンは通常、麻しん・風しん混合ワクチン(MR混合ワクチン)として接種される。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.