第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問56

第99回薬剤師国家試験 問56

鉄欠乏性貧血において、上昇する検査値はどれか。1つ選べ。

 フェリチン
 血清鉄
 ヘマトクリット
 ヘモグロビン
 総鉄結合能

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
鉄欠乏性貧血とは、鉄の吸収量の低下(摂取不足、胃切除など)や、鉄の必要量の増加(成長・妊娠など)が原因となって体内における鉄(貯蔵鉄、血清鉄など)が不足し、ヘモグロビン合成が障害されることにより発症する貧血である。
本疾患では、体内における鉄の不足に伴いトランスフェリンが大量に産生されるため、総鉄結合能(血液中の全トランスフェリンに結合し得る鉄の量)は上昇する。なお、本疾患では、フェリチン(貯蔵鉄)、血清鉄(トランスフェリン結合鉄)ヘマトクリット値(全血液中に占める赤血球容積の割合)、ヘモグロビン値は低下する。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.