第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問338

第99回薬剤師国家試験 問338

27歳男性。体重60 kg。7月中旬に開催されたマラソン大会に参加中、意識がもうろうとなり、救急搬送された。緊急検査の結果、心電図に異常はなかった。血清ナトリウム値は110 mEq/L、血清カリウム値は4.0 mEq/Lであった。低ナトリウム血症治療のために3%塩化ナトリウム液の調製依頼があったので、生理食塩液500 mLに10%塩化ナトリウム注射液を加えて調製した。10%塩化ナトリウム注射液の添加量として最も近い値(mL)はどれか。1つ選べ。

 50
 80
 100
 120
 150

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
本設問の内容より、生理食塩液500 mLに10%塩化ナトリウム注射液を加えて、3%塩化ナトリウム液を調製する。その際、必要な10%塩化ナトリウム注射液の添加量をX mLとする。
<それぞれの液体に含まれている塩化ナトリウムの量を求める>
・生理食塩液500 mL:500 mL×(0.9 g/100 mL)=4.5 g(A)
・10%塩化ナトリウム注射液:X mL×(10 g/ 100 mL)=0.1 X g(B)
・調製後の3%塩化ナトリウム液:(500+X)×(3 g/100 mL)=15+0.03 X g(C)
<10%塩化ナトリウム注射液の添加量を求める>
A及びBの和とCは等しいことから10%塩化ナトリウム注射液の添加量(X mL)を以下のように計算することができる。
4.5+0.1 X=15+0.03 X
0.07 X=10.5
X=150

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.