第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問322〜323

第99回薬剤師国家試験 問322〜323

70歳女性。圧迫骨折で入院中であり、以下の薬剤が処方された。昨日から咳と38℃の発熱が続いている。

問322 (実務)
この処方において、患者の腎機能が低下している場合に、最も注意しなければならない薬剤はどれか。1つ選べ。

 イプリフラボン錠200 mg
 メコバラミン錠500 µg
 ジクロフェナクナトリウム錠25 mg
 エペリゾン塩酸塩錠50 mg
 乳酸カルシウム水和物

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
選択肢のうち、腎機能が低下している場合に、注意しなければならない薬剤は、ジクロフェナクナトリウムである。ジクロフェナクナトリウムなどの非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)は、腎血流量低下作用により腎機能障害を悪化又は誘発させることがあるため、腎機能障害患者には慎重投与、重篤な腎機能障害患者には投与禁忌とされている。


問323 (法規・制度・倫理)
退院後、この患者は、入院していた医療機関の処方せんとともに、別の医療機関からの処方せんを保険薬局に持参した。薬局の薬剤師が確認したところ、処方せん中に重複している薬剤があることを発見した。
処方変更が必要と考え電話で処方医に問い合せたところ、処方医は他の患者の診察中であり、「処方どおりに調剤してください」とだけ回答があった。その後の薬剤師の行動として最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 医師が処方変更に応じないことへの不満を患者に伝えた。
 処方どおりに調剤し、注意して服用するよう患者に指導した。
 薬剤師の判断で、重複した薬剤を処方から削除して調剤した。
 医師の心情に配慮して、次回の処方から変更してもらうことにした。
 医師に正確に情報が伝わっていない可能性があると考え、再度医師に確認した。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
5


解説
薬剤師は、処方せん中に疑わしい点があるときは、その処方せんを交付した医師、歯科医師又は獣医師に問い合わせて、その疑わしい点を確かめた後でなければ、これによって調剤してはならない。本症例のように、処方せん中に重複している薬剤があり、疑義照会をしたにも関わらず、処方薬が変更されない場合については、薬剤師は、医師に正確に情報が伝わっていない可能性があると考え、再度医師に確認する必要がある。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.