第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問306〜307

第99回薬剤師国家試験 問306〜307

44歳の女性が薬局を訪れ、家族のための常備薬として、以下の一般用医薬品の購入を希望した。薬局での情報収集により、家族構成は夫45歳、長女22歳、長男10歳の4人家族であることがわかった。
有効成分(1錠中)
アスピリン500 mg
成人服用量1回1錠


問306 (実務)
この女性に対する本剤の注意点の説明として、誤っているのはどれか。1つ選べ。

 他の解熱鎮痛薬と同時に服用しないでください。
 長男が用いる時は1回半錠とし、1錠は服用しないでください。
 胃・十二指腸潰瘍の治療を受けている人は服用しないでください。
 服用前後は飲酒をしないでください。
 出産予定日12週以内の妊婦は服用しないでください。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
1 正しい
本剤は他の解熱鎮痛薬との併用により、副作用発現リスクが増大するおそれがあるため、本剤と他の解熱鎮痛薬を同時に服用しないよう指導する必要がある。
2 誤っている
本剤は小児(15歳以下)に服用させないこととされている。本患者の長男は10歳であるため、本剤を服用することができない。
3 正しい
本剤を服用することにより消化性潰瘍が悪化するおそれがあるため、胃・十二指腸潰瘍の治療を受けている人は本剤を服用しないよう指導する必要がある。
4 正しい
本剤をアルコールと併用することにより消化性潰瘍の副作用発現リスクが増大するおそれがあるため、本剤を服用前後は飲酒をしないよう指導する必要がある。
5 正しい
本剤を妊娠時に服用すると、妊娠期間の延長、分娩時出血の増加、催奇形性等の副作用が発現するおそれがあるため、出産予定日12週以内の妊婦は本剤を服用することができない。


問307 (法規・制度・倫理)
一般用医薬品に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 医薬品のうち、その効能及び効果において人体に対する作用が著しくないものは一般用医薬品である。
 薬局開設者又は店舗販売業者は、配置による方法で一般用医薬品を販売してはならない。
 薬剤師又は登録販売者は、相談者の症状をもとに病名を診断し、使用する一般用医薬品を決定して販売する。
 薬剤師又は登録販売者は、その薬局又は店舗において一般用医薬品を購入した者からその医薬品について相談を受けた場合、情報提供をしなければならない。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、4


解説
1 誤
一般用医薬品とは、医薬品のうち、その効能及び効果において人体に対する作用が著しくないものであり、医療用医薬品以外の医薬品のことである。
2 正
薬局開設者又は店舗販売業者は、配置による方法で一般用医薬品を販売することはできない。なお、薬局開設者又は店舗販売業者は、店舗による販売又は授与以外の方法により医薬品を販売してはならない。
3 誤
薬剤師又は登録販売者は、相談者の症状をもとに病名を診断することはできない。
4 正
薬剤師又は登録販売者は、その薬局又は店舗において一般用医薬品を購入した者から相談があった場合、一般用医薬品の適正な使用のために、情報提供をしなければならない。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.