第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問290〜291

第99回薬剤師国家試験 問290〜291

75歳男性。アレルギー性鼻炎のため耳鼻科を受診後、保険薬局で以下の処方せんの調剤薬を受け取り、夕方から服薬を開始した。翌日午前中に、尿が出にくくなったと訴えて、この薬局に相談に来た。

問290 (実務)
薬剤師は処方薬による副作用を疑った。この薬局の薬剤師が担当医へ提案すべき内容として、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 処方1を中止。
 処方1をクロルフェニラミン製剤へ変更。
 処方2を中止。
 処方2を減量。
 処方3を中止。

 

 

 

 

解答・解説

解答
1


解説
本患者は尿が出にくくなったと訴えていることから、本患者に現れた症状の原因は、処方1のクレマスチン錠の抗コリン作用による尿閉であると考えられる。


問291 (病態・薬物治療)
この患者が病院を受診した。直腸診で、弾性があり硬い腫瘤が直腸前壁に触知された。最も疑われる疾病と、当該疾病の診断が確定したときの治療薬の組み合わせとして、最も適切なのはどれか。1つ選べ。

 直腸がん−フルオロウラシル
 直腸がん−イリノテカン塩酸塩水和物
 前立腺肥大症−デュタステリド
 前立腺肥大症−フルタミド
 腎不全−シラザプリル水和物
6 腎不全−ロサルタンカリウム

 

 

 

 

解答・解説

解答
3


解説
問題文に「直腸診で、弾性があり硬い腫瘤が直腸前壁に触知された。」と記載されていることから、本患者は、前立腺肥大症に罹患している可能性が高い。選択肢3、4のうち、前立腺肥大症の治療に用いられるのはデュタステリドである。デュタステリドは、テストステロンをジヒドロテストステロンへ変換する1型及び2型5α還元酵素を阻害して、前立腺の肥大を抑制する。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.