第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問286〜287

第99回薬剤師国家試験 問286〜287

70歳男性。1ヶ月前から息切れが出現し、病院を受診した。心機能低下を指摘され、慢性心不全と診断された。以下の内容の処方せんを待って保険薬局を訪れた。
既往歴:特記すべきことなし。常用薬なし。

問286 (病態・薬物治療)
本症の重症度の指標として適切な検査項目はどれか。1つ選べ。

 血清カリウム値
 血漿脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)値
 血清尿酸(UA)値
 血清クレアチニン(Cr)値
 血清クレアチンキナーゼ(CK)値

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
選択肢のうち、慢性心不全の重症度の指標として適切な検査項目は、血漿脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)値である。BNPは、主として心室で合成され分泌されるホルモンであり、慢性心不全ではBNP値が上昇する。


問287 (実務)
上記処方せんに対する疑義照会の内容として正しいのはどれか。1つ選べ。

 処方1は、心不全に用いる初回投与量としては過量であること。
 処方2は、心不全に用いる初回投与量としては過量であること。
 処方3は、心不全に用いる初回投与量としては過量であること。
 処方1、2は、心不全の患者では併用禁忌であること。
 処方3は、心不全の患者には就寝前の投与が推奨されていること。

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
本症例では、慢性心不全と診断され、今回の処方が初めて出されていることから、各薬剤の初回量、相互作用、投与方法について確認する必要がある。
初回量について処方1、3については特に問題ないが、処方2については、初回量としては過量である。
処方2(ビソプロロールフマル酸塩)を慢性心不全の治療に用いる場合の初回量を以下に示す。
<慢性心不全の治療にビソプロロールフマル酸塩を用いる場合の初回量>
通常、成人にはビソプロロールフマル酸塩として、1日1回0.625 mg経口投与から開始する。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.