第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問284〜285

第99回薬剤師国家試験 問284〜285

65歳男性。血液透析が施行されており、以下の薬剤を処方されていた。

今回の検査において、eGFR(推算糸球体ろ過速度)15 mL/min/1.73 m2、血中リン濃度5.5 mg/dL、補正血中カルシウム濃度11.0 mg/dL、血中アルブミン濃度3.7 g/dLという結果となり、以下の処方に変更になった。

問284 (実務)
上記処方に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 カルタン錠は、血中リン濃度を上昇させる目的で処方された。
 今回の処方変更は、血中カルシウム濃度が高値を示しているためである。
 セベラマー塩酸塩錠は、経口投与されたカルシウムの吸収を促進させる。
 セベラマー塩酸塩錠は、血中リンの排泄を促進する薬剤である。
 セベラマー塩酸塩錠の重大な副作用として、腸管穿孔や腸閉塞がある。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5


解説
1 誤
カルタン錠(沈降炭酸カルシウム製剤)は、消化管においてカルシウムとリンを結合させることによりリンの吸収を抑制し、血中リン濃度を低下させる。
2 正
カルタン錠(沈降炭酸カルシウム製剤)は副作用として、高カルシウム血症を起こすことがある。本患者は検査において、補正血中カルシウム濃度(基準値:8.5〜10.5 mg/dL)が高値を示しているため、高カルシウム血症を起こしにくいセベラマー塩酸塩への処方変更が行われたと考えられる。
3 誤
セベラマー塩酸塩錠は、消化管においてリンを吸着することによりリンの吸収を抑制し血中リン濃度を低下させる。
4 誤
解説3参照。
5 正
セベラマー塩酸塩錠は重大な副作用として、腸管穿孔や腸閉塞を起こすことがある。


問285 (薬剤)
セベラマー塩酸塩錠に関する記述のうち、正しいのはどれか。1つ選べ。

 主薬は、消化酵素で分解されて活性体となる。
 主薬は、カチオン性ポリマーである。
 主薬は、水に速やかに溶解する。
 胃で作用する製剤である。
 浸透圧を利用して主薬を放出する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
本剤の主薬は、カチオン性ポリマーであり、消化管においてリンを吸着することによりリンの吸収を抑制する。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.