第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問260〜261

第99回薬剤師国家試験 問260〜261

68歳男性。10年前より、糖尿病の治療を継続中である。定期検診時に随時尿の尿中アルブミン/クレアチニン比が350 mg/gであった。本日の診察時の血圧は150/95 mmHgであり、高血圧治療のためロサルタンカリウム錠25 mgが追加となった。

問260 (実務)
この患者にロサルタンカリウム錠が追加された理由及びその使用上の留意点について誤っているのはどれか。2つ選べ。

 腎動脈狭窄のある患者へも安全に使用することができる。
 タンパク尿を伴う2型糖尿病の糖尿病性腎症に適応がある。
 血清カリウム値を確認する必要がある。
 血清クレアチニン値の経過を確認する必要がある。
 血糖値が上昇する可能性がある。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、5


解説
1 誤っている
本剤を両側腎動脈狭窄の患者又は片側腎動脈狭窄のある患者に投与すると、腎血流量の減少や糸球体ろ過の低下により、急速に腎機能が低下するおそれがある。そのため、治療上やむ得ないと判断される場合を除き、腎動脈狭窄のある患者に対して本剤の使用を避ける必要がある。
2 正しい
本剤は、高血圧及びタンパク尿を伴う2型糖尿病のおける糖尿病性腎症に適応がある。
3 正しい
本剤は、副作用として高カリウム血症を起こすことがある。そのため、本剤を投与する際には、血清カリウム値を確認する必要がある。
4 正しい
本剤を服用することにより、血清クレアチニン値が上昇することがある。そのため、本剤投与中は定期的に血清クレアチニン値の経過を確認する必要がある。
5 誤っている
本剤を服用することにより、血糖値が上昇するとの報告はない。なお、本剤を服用することにより血糖値が低下する可能性がある。


問261 (薬理)
ロサルタンに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 主代謝物(カルボン酸体)も、アンギオテンシンⅡAT1受容体を遮断する。
 アルドステロンの産生を促進する。
 腎の輸出細動脈を拡張させて糸球体内圧を低下させる。
 グルカゴンの分泌を促進する。
 ブラジキニン分解酵素(キニナーゼⅡ)を阻害する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、3


解説
1 正
ロサルタンは、体内で一部が主代謝物であるカルボン酸体に変換される。主代謝物であるカルボン酸体もロサルタンと同様、アンギオテンシンⅡAT1受容体を遮断する。
2 誤
ロサルタンは、アンギオテンシンⅡAT1受容体を遮断することにより、アルドステロンの産生を抑制する。
3 正
ロサルタンは、腎の輸出細動脈を拡張させて糸球体内圧を低下させる。
4 誤
ロサルタンは、グルカゴンの分泌を促進しない。
5 誤
ロサルタンは、アンギオテンシンⅡAT1受容体遮断薬であり、ブラジキニン分解酵素であるキニナーゼⅡ(=アンギオテンシン変換酵素:ACE)を阻害しない。なお、ACE阻害薬(カプトプリル、リシノプリルなど)は、ブラジキニン分解酵素であるキニナーゼⅡ(=アンギオテンシン変換酵素:ACE)を阻害する。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.