第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問258〜259

第99回薬剤師国家試験 問258〜259

30歳男性。会社内昇格人事で1年前に営業職のリーダーを命じられた。リーダーとしての仕事に順応できず、ストレスを抱え、入眠困難、食欲低下が半年続いた。今回かかりつけのクリニックを受診し、軽症のうつ病と診断された。主治医より、治療薬について問い合わせがあった。

問258 (実務)
主治医に推奨すべき薬剤の成分はどれか。2つ選べ。

 パロキセチン塩酸塩水和物
 クロザピン
 イフェンプロジル酒石酸塩
 ミルタザピン
 ラモトリギン

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4


解説
問題文に「軽度のうつ病と診断された」と記載されていることから、うつ病の適応を有する「パロキセチン塩酸塩水和物(選択肢1)」や「ミルタザピン(選択肢4)」を主治医に推奨すべきである。


問259 (薬理)
前問で推奨した成分の作用機序として正しいのはどれか。2つ選べ。

 Naチャネル遮断による神経興奮の抑制
 Clチャネル遮断によるGABA作動性神経系の抑制
 セロトニントランスポーター阻害によるセロトニン作動性神経系の活性化
 ノルアドレナリントランスポーター阻害によるノルアドレナリン作動性神経系の活性化
 シナプス前部のアドレナリンα2受容体遮断によるセロトニンとノルアドレナリンの放出促進

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5


解説
・パロキセチン塩酸塩の作用機序
セロトニントランスポーター阻害によるセロトニン作動性神経系の活性化により抗うつ作用を示す
・ミルタザピンの作用機序
シナプス前部のα2受容体遮断によるセロトニンとノルアドレナリンの放出を促進することにより抗うつ作用を示す。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.