第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問189

第99回薬剤師国家試験 問189

メニエール病の病態及び治療に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 めまいは反復性である。
 蝸牛内の内リンパ液が減少している。
 聴力は正常である。
 ベタヒスチンメシル酸塩が内服で用いられる。
 プロプラノロール塩酸塩が静注で用いられる。
 プロカテロール塩酸塩水和物が内服で用いられる。

 

 

 

 

 

 


解答
1、4


解説
1 正
本疾患でみられるめまいは反復性である。
2 誤
本疾患では、蝸牛内の内リンパ液が増加している。
3 誤
本疾患により、難聴や耳鳴りが起こることがある。
4 正
本疾患の治療には、ベタヒスチンメシル酸塩が内服で用いられる。ベタヒスチンメシル酸塩は、末梢血管拡張作用や血管透過性調整作用により内リンパ水腫を除去するため、本疾患の治療に用いられる。
5 誤
プロプラノロール塩酸塩は、副作用としてめまいを起こすことがあるため、メニエール病の治療には用いられない。
6 誤
プロカテロール塩酸塩水和物は、副作用としてめまいを起こすことがあるため、メニエール病の治療には用いられない。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.