第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問186

第99回薬剤師国家試験 問186

アドレナリンβ2受容体刺激薬の吸入剤による気管支ぜん息の薬物療法に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 短時間作用型は、長期管理における基本治療薬である。
 サルメテロールキシナホ酸塩は長時間作用型である。
 短時間作用型は、1日1吸入を基本とし、効果不十分の場合は1時間以上間隔をあけて使用する。
 副作用として、高カリウム血症がある。
 副作用として、振戦がある。

 

 

 

 

 

 


解答
2、5


解説
アドレナリンβ2受容体刺激薬の吸入剤には長時間作用型のものと短時間作用型のものが存在する。それぞれの用途を以下に示す。
・長時間作用型:喘息の長期管理薬(コントローラー)として用いられる。
・短時間作用型:喘息の発作改善薬(リリーバー)として用いられる。
1 誤
前記参照
2 正
サルメテロールキシナホ酸塩は長時間作用型であり、長期管理薬として用いられる。
3 誤
短時間作用型は、1日1〜4回の吸入を基本とし、効果不十分の場合は3〜6時間ほど間隔をあけて使用する。
4 誤
アドレナリンβ2受容体刺激薬は、副作用として低カリウム血症、振戦、頻脈等がある。
5 正
解説4参照

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.