第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問167

第99回薬剤師国家試験 問167

薬物の経口吸収動態についての記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 インドメタシンファルネシルは、高脂防食を摂取した後に服用すると、脂肪成分と結合するため、吸収量が減少する。
 リファンピシンの反復投与により、小腸上皮細胞のP−糖タンパク質の発現が誘導され、ジゴキシンの吸収量が増大する。
 リボフラビンは、十二指腸付近のトランスポーターにより吸収されるので、プロパンテリン臭化物の併用により吸収量が増大する。
 セファレキシンの吸収は、ペプチドトランスポーターPEPT1を介したNaとの共輸送により行われる。
 グリセオフルビンは、その粒子径が小さいほど有効表面積が大きく、溶解が速いため、吸収速度が大きい。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
3、5


解説
1 誤
インドメタシンファルネシルは脂溶性が高いため、高脂肪食を摂取した後に服用すると、胆汁酸の可溶化作用により吸収量が増加する。
2 誤
ジゴキシンは小腸上皮細胞のP糖タンパク質により管腔側への排出されるため、リファンピシンの反復投与により小腸上皮細胞のP−糖タンパク質の発現が誘導されると、ジゴキシンの吸収量は低下する。
3 正
リボフラビンは、十二指腸上部に存在するトランスポーターより吸収される。そのため、リボフラビンと胃内容排泄速度(GER)を減少させる薬物(プロパンテリンなど)を併用すると、リボフラビンを輸送する担体に飽和現象が認められにくくなり、リボフラビンの吸収量が増加する。
4 誤
セファレキシンの吸収は、ペプチドトランスポーター(PEPT1)を介したHとの共輸送により行われる。
5 正
グリセオフルビンのような難溶性物質は、その粒子径が小さいほど有効表面積が大きく、溶解が速いため、吸収速度が大きい。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.