第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問165

第99回薬剤師国家試験 問165

抗悪性腫瘍薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 メルカプトプリンは、生体内でチオイノシン酸に変換され、アデニル酸及びグアニル酸の生合成を阻害する。
 ビンクリスチンは、DNAをアルキル化し、がん細胞のS期移行を阻害する。
 ゲムシタビンは、生体内でリン酸化され、DNAトポイソメラーゼⅡを阻害する。
 タモキシフェンは、エストロゲン受容体を遮断し、乳がん細胞の増殖を阻害する。
 トラスツズマブは、CD20抗原を有する細胞を補体依存的に傷害する。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、4


解説
1 正
メルカプトプリンは、生体内でチオイノシン酸に変換されて、プリン塩基であるアデニル酸及びグアニル酸の生合成を阻害する。
2 誤
ビンクリスチンは、微小管の構成タンパク質であるチュブリンに結合し、微小管重合を阻害することにより、がん細胞のM期(細胞分裂期)を抑制する。
3 誤
ゲムシタビンは、生体内でリン酸化され、活性体(二リン酸化体、三リン酸化体)となる。
・二リン酸化体:リボヌクレオチドレダクターゼ阻害により間接的にDNA合成を阻害
・三リン酸化体:DNAに組み込まれることで直接的にDNA合成を阻害
4 正
タモキシフェンは、乳がん組織のエストロゲン受容体を拮抗的に遮断し、乳がん細胞の増殖を阻害する。
5 誤
トラスツズマブは、ヒト上皮増殖因子受容体2型(HER2)が過剰に発現しているがん細胞の増殖を抑制する。なお、CD20抗原を有する細胞を補体依存的に傷害するのは、リツキシマブである。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.