第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問159

第99回薬剤師国家試験 問159

肝臓疾患治療薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 ラクツロースは、腸内細菌により分解されてアンモニアを生成し、血中アンモニア濃度を上昇させる。
 インターフェロンは、種々の抗ウイルスタンパク質の合成を誘導する。
 ラミブジンは、DNAトポイソメラーゼを阻害し、C型肝炎ウイルスの増殖を抑制する。
 エンテカビルは、DNAポリメラーゼを阻害し、B型肝炎ウイルスの増殖を抑制する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、4


解説
1 誤
ラクツロースは腸管内で腸内細菌により乳酸に代謝されるため、消化管内のpHを低下させ、腸内細菌によるアンモニアの生成を抑制し、血中アンモニア濃度を低下させる。
2 正
インターフェロンは、ウイルス感染細胞表面の受容体に結合することで、抗ウイルスタンパク質(プロテインキナーゼやホスホジエステラーゼ等)の合成を誘導する。
3 誤
ラミブジンは、B型肝炎ウイルス(HBV)感染細胞内でリン酸化されてラミブジン三リン酸となり、デオキシシチジン三リン酸と競合的に拮抗し、DNAポリメラーゼ阻害することによりHBVの増殖を抑制する。
4 正
エンテカビルは、B型肝炎ウイルス(HBV)感染細胞内でリン酸化されてエンテカビル三リン酸となり、デオキシグアノシン三リン酸と競合的に拮抗し、DNAポリメラーゼを阻害することによりHBVの増殖を抑制する。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.