第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問157

第99回薬剤師国家試験 問157

末梢循環を改善する薬物の作用機序に関する記述のうち、正しいはどれか。2つ選べ。

 イソクスプリンは、血管平滑筋のアドレナリンβ2受容体を刺激する。
 エポプロステノールは、血管平滑筋のプロスタノイドIP受容体を刺激する。
 カリジノゲナーゼは、酵素作用によりキニノーゲンを産生させる。
 タダラフィルは、血管平滑筋のグアニル酸シクラーゼを阻害する。
 ボセンタンは、エンドセリンETB受容体を選択的に遮断する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
1、2


解説
1 正
イソクスプリンはアドレナリンβ2受容体刺激薬であり、血管平滑筋のアドレナリンβ2受容体を刺激し、血管平滑筋を弛緩させることにより末梢循環を改善する。
2 正
エポプロステノールはプロスタグランジンI2製剤であり、血管平滑筋のプロスタノイドIP受容体を刺激しcAMP濃度を上昇させ、血管平滑筋を弛緩させることにより末梢循環を改善する。
3 誤
カリジノゲナーゼはカリクレイン製剤であり、キニノーゲンを酵素的に分解することでブラジキニンの産生を促進し、血管平滑筋を弛緩させることにより末梢循環を改善する。
4 誤
ダタラフィルは、ホスホジエステラーゼⅤを阻害しcGMP濃度を上昇させ、血管平滑筋を弛緩させることにより末梢循環を改善する
5 誤
ボセンタンは、エンドセリンETA、ETB受容体を非選択的に阻害して、血管平滑筋を弛緩させることにより末梢循環を改善する。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.