第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問156

第99回薬剤師国家試験 問156

抗てんかん薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 ガバペンチンは、γ−アミノ酪酸(GABA)トランスポーターを阻害して、シナプス間隙のGABA量を増加させる。
 クロバザムは、ベンゾジアゼピン受容体に結合し、GABA作動性神経伝達を増強する。
 スルチアムは、炭酸脱水酵素を阻害し、神経細胞の過剰興奮を抑制する。
 フェノバルビタールは、神経細胞内へのCl流入を抑制し、神経細胞膜を過分極させる。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、3


解説
1 誤
ガバペンチンは、電位依存性Ca2チャネルのα2δサブユニットに結合し、グルタミン酸などの神経伝達物質の遊離を抑制する
2 正
クロバザムはベンゾジアゼピン系薬であり、ベンゾジアゼピン受容体に結合し、GABAのGABAA受容体に対する親和性を増大させる。
3 正
スルチアムは、脳組織内で炭酸脱水酵素を阻害し、神経細胞の過剰興奮を抑制する。
4 誤
フェノバルビタールはバルビツール酸系薬であり、バルビツール酸結合部位に結合することによりClチャネル開口を介してCl流入を促進し、神経細胞膜を過分極させる。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.