第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問141

第99回薬剤師国家試験 問141

処方せん医薬品並びに毒薬及び劇薬に関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 体外診断用医薬品は、処方せん医薬品として指定される。
 正当な理由があれば、処方せんを受けた者以外の者に対して、処方せん医薬品を販売または授与することができる。
 薬局開設者は、処方せん医薬品の販売又は授与を記録した帳簿を、最終の記載の日から3年間保存しなければならない。
 業務上劇薬を取り扱う者は、貯蔵する場所に「医薬品」及び「劇」の文字を表示しなければならない。
 毒薬は、かぎをかけた場所に他の物と区別して貯蔵しなければならない。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、5


解説
1 誤
人の身体に直接使用されることがなく、疾病の診断に使用されることが目的とされている医薬品(体外診断用医薬品)は、処方せん医薬品から除かれる。
2 正
正当な理由(災害時に医師の受診が困難な場合)がある場合、処方せんを受けた者以外の者に対して、処方せん医薬品を販売または授与することができる。
3 誤
薬局開設者は、処方せん医薬品の販売又は授与を記録した帳簿を、最終の記載の日から2年間保存しなければならない。
4 誤
業務上劇薬を取り扱う者は、貯蔵する場所に「医薬品」及び「劇」の文字を表示する必要はない。
5 正
毒薬は、他の物と区別し、かぎをかけた場所に貯蔵、陳列する必要がある。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.