第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問134

第99回薬剤師国家試験 問134

メタロチオネインに関する記述のうち、正しいのはどれか。2つ選べ。

 分子量は6,000〜7,000で、280 nmに極大吸収をもつ。
 カドミウムや無機水銀により発現が誘導される。
 亜鉛やカドミウムなどの2価の金属とは結合するが、1価や3価の金属とは結合しない。
 重金属に結合し、その毒性を軽減するだけでなく、活性酸素種を消去する作用ももつ。
 生理的条件下で、大部分は金属を結合していない遊離型の状態で存在する。

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2、4


解説
1 誤
メタロチオネイン(分子量:6,000〜7,000)は、金属結合性のタンパク質であり、重金属に結合し、その毒性を軽減するだけでなく、活性酸素種を消去する作用を有する。メタロチオネインを構成するアミノ酸には、芳香族アミノ酸が含まれていない。そのため、メタロチオネインは、280 nmに極大吸収をもたない。
2 正
カドミウムや無機水銀などに曝露されると、メタロチオネインの発現が誘導される。
3 誤
メタロチオネインは、亜鉛やカドミウムなどの2価の金属だけでなく、1価や3価の金属とも結合する。
4 正
解説1参照
5 誤
メタロチオネインは、生理的条件下では、鉛などの金属と結合した結合型の状態で存在する。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.