第99回薬剤師国家試験

第99回薬剤師国家試験 問125

第99回薬剤師国家試験 問125

次の記述は、ある食中毒の事例に関するものである。[  ]の中に入るべき字句の正しい組合せはどれか。1つ選べ。

73歳と70歳の姉妹。早朝、脱力感、複視、眼瞼下垂などの症状が現れ、さらに呼吸困難を訴えたため、救急搬送された。症状から[ A ]  による食中毒が疑われ、自宅に残っていた食品を調べたところ、真空パック食品の食べ残しから[ A ] の毒素が検出されたため、診断が確定した。対症療法に加えて坑毒素血清による治療が行われた結果、容態は改善した。
[ A ] による食中毒の予防には、冷蔵したり冷凍するなど[ A ] が増殖しにくい状態に食品を保つこと、[ B ] は易熱性であるので食品を食べる前に十分に加熱することなどが有効である。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
6


解説
食べ残した食品から細菌が産生した毒素が検出されているため、本症例は毒素型食中毒である可能性が高い。また、問題文中の「脱力感、複視、眼瞼下垂などの症状が現れ、さらに呼吸困難を訴えた」、「真空パック食品の食べ残し」と記載されていることから、食中毒の原因は、神経毒素を産生する嫌気性菌であるボツリヌス菌によるものと考えられる。ボツリヌス菌は、毒素型食中毒を引き起こす菌であり、菌自体は芽胞を形成するため耐熱性であるが、毒素は易熱性であるため、食品を食べる前に十分加熱することなどにより食中毒を予防することができる。

-第99回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.