第98回薬剤師国家試験

第98回薬剤師国家試験 問97

第98回薬剤師国家試験 問97

試料から難(不)揮発性薬毒物を分離するためのスタス•オット(Stas—Otto)法の概要を図に示す。モルヒネが最も多く回収される画分の番号はどれか。1つ選べ。

 

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
4


解説

①酒石酸酸性でエーテル抽出
第三級アミンの窒素が、酒石酸と塩を形成し水溶性となり水層へ移行する。
②NaOHアルカリ性でクロロホルムまたはエーテル抽出
フェノール性水酸基が、強アルカリ性条件下、イオン形となり水層へ移行する。
③一度弱酸性にしたのち、アンモニアでアルカリ性とし、クロロホルム−イソプロパノール(3:1)で抽出
一度弱酸性にすることで、フェノール性水酸基が分子形となる。その後、アンモニアで弱アルカリ性にすると、モルヒネは、分子形となり有機層へ移行する。

-第98回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.