第98回薬剤師国家試験

第98回薬剤師国家試験 問9

第98回薬剤師国家試験 問9

次亜塩素酸の塩素の酸化数は+1である。次亜塩素酸の化学式はどれか。1つ選べ。

 HClO
 HClO2
 HClO3
 HClO4
 ClO2

 

 

 

 

 

解答・解説

解答

1


解説

一般に中性分子の酸化数の総和は0、酸素原子、水素原子の酸化数はそれぞれ、「-2」、「+1」である。これらのことから、選択肢の化合物に含まれる塩素の酸化数を算出し、次亜塩素酸の化学式を予測することができる。
1 正
HClO(次亜塩素酸)
(+1)+塩素の酸化数+(-2)=0であることから、塩素の酸化数は+1である。
2 誤
HClO2(亜塩素酸)
(+1)+塩素の酸化数+2×(-2)=0であることから、塩素の酸化数は+3である。
3 誤
HClO3(塩素酸)
(+1)+塩素の酸化数+3×(-2)=0であることから、塩素の酸化数は+5である。
4 誤
HClO4(過塩素酸)
(+1)+塩素の酸化数+4×(-2)=0であることから、塩素の酸化数は+7である。
5 誤
ClO2(二酸化塩素)
塩素の酸化数+2×(-2)=0であることから、塩素の酸化数は+4である。

-第98回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.