第98回薬剤師国家試験

第98回薬剤師国家試験 問39

第98回薬剤師国家試験 問39

核酸合成を阻害し、抗真菌作用を示すのはどれか。1つ選べ。

 ナイスタチン
 フルシトシン
 ミカファンギン
 ミコナゾール
 テルビナフィン

 

 

 

 

 

解答・解説

解答
2


解説
1 誤
ナイスタチンは、真菌細胞膜の構成成分であるエルゴステロールに結合することにより、膜機能を障害する。
2 正
フルシトシンは、真菌内に取り込まれ、5-フルオロウラシルとなりチミジル酸合成酵素を阻害することで、核酸合成を抑制する。
3 誤
ミカファンギンは、真菌細胞壁を構成するβ−1,3−D-グルカンの生合成を阻害する。
4 誤
ミコナゾールは、ラノステロールのC-14脱メチル酵素を阻害することで、真菌細胞膜の構成成分であるエルゴステロールの生合成を抑制する。
5 誤
テルビナフィンは、スクアレンエポキシダーゼを阻害することで、真菌細胞膜の構成成分であるエルゴステロールの生合成を抑制する。

-第98回薬剤師国家試験

Copyright© yakugaku lab , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.